MENU

BLOG

2017

JUL

18

2017.07.18

sawazakisawazaki

WordPressのプラグインUser Role Editorの紹介

TRIADで提供するWordPressサイトで利用しているプラグインの紹介第2弾は「User Role Editor」です。
プラグインのダウンロードはこちら
User Role Editorは、ユーザー権限を管理するプラグインです。
WordPressにデフォルトで設定されているユーザー権限は下記になります。

  • 管理者
  • 編集者
  • 投稿者
  • 寄稿者
  • 購読者

この名称だと、どんな権限が付与されれいるのか不明ですね。
編集者の中でも、知識がある方はWordPressの設定を少しだけ変えたい場合も出てきます。
その反対に、知識があまりないのでもう少し権限を少なくしたい場合もあると思います。
前回の記事で書いた、知識レベルの違いがある担当者がいる場合、細かな権限付与が必要になります。

User Role Editorを利用して、細かく権限を付与すればアカウントと同数の権限を増やすことができます。
権限の種類が少ないために、担当者の方には不要な権限が付与されてしまうと、操作ミスが発生してしまうかもしれません。
無駄なリスクを無くすために、ユーザーアカウント毎に細かく権限を設定していきます。

User Role Editorの使い方

User Role Editorを有効にすると、「ユーザー」に「User Role Editor」の項目が増えます。

デフォルトの権限の項目が表示されます。
画面右側の「権限グループを追加」ボタンを押すと、任意のグループを作成することができます。

ここで入力した権限グループが、「編集者」や「購読者」などのリストに追加されて表示されます。
全ての権限を新規で設定することができますが、それでは手間がかかりすぎるのでデフォルトの権限をコピーして必要または不要な権限を設定することができます。

[ユーザー]から[新規追加]を選択して、新しいユーザーを登録します。
権限グループのプルダウンに、User Role Editorで作成した権限グループが表示されます。

追加した権限グループを選択すれば、作成した権限グループのユーザーアカウントを作成することができます。
これで、必要な権限が付与されたアカウントになり、不要な権限がなく操作ミスのリスクも減ると思います。
TRIADでは、デフォルトの編集者権限ベースにして、必要または不要な権限を設定する方法を採用しています。
細かな権限の設定よりも、編集者の知識に合わせる形が多いので、基本的な編集権限をベースにすることで設定の時間を節約しています。

次回は、デフォルトのカスタムフィールドは使いづらいので、直感的に使えるようになるプラグインを紹介します。

2017

JUL

11

2017.07.11

sawazakisawazaki

WordPressのプラグインAdminimizeの紹介

WordPress管理画面

TRIADで提供するWordPressサイトで利用しているプラグインの紹介第1弾は「Adminimize」です。
どんなプラグインかというと、Adminimizeを利用するとユーザー毎に管理画面の表示項目を制御できるようになります。

プラグインのダウンロードはこちら

なぜ、このプラグインを利用するようになったのか?
クライアントの中にはPCの操作に不安があり、わからない項目や設定があるとどうしたら良いか困ってしまいます。
特に、WordPressの管理画面を開くと様々な項目が左のメニューに表示されていて、それを見るだけで更新の意欲が削がれてしまいます・・・。

代表的な例

  • 間違った操作をしたらどうしよう?
  • このボタンを押すとどうなるんだろう?
  • 外観って何に使うの?
  • プラグインって何?
  • どこから更新するんだっけ?
  • 画像はどこに入っているの?
    などなど・・・

わからないものがあるだけで嫌悪感をいだき、せっかくWordPressで作った更新できるコンテンツも、気づけば記事の日付が二年前になっている・・・ということがよくあります。
その状態を防ぐにはどうすれば良いかと考えている時に、Adminimizeを利用してみました。

Adminimizeの使い方

Adminimizeを有効にすると、「設定」に「Adminimize」の項目が増えます。

WordPress管理画面の設定

そこから、Adminimizeの設定画面を開くと、詳細な設定画面が開きます。

WordPress管理画面のAdminimize設定

デフォルトで設定されているユーザー権限毎に、管理画面で表示させる項目を選択します。
チェックボックスにチェックをすると、その項目が管理画面から非表示になります。
ユーザー権限で操作可能な機能については制限がされていますが、そもそも制限されているのであれば、表示しない方が迷わずに操作できると思います。
(例えば、管理者はプラグインの追加やテーマの変更ができますが、閲覧者はそれらの操作ができません。)
ここでは、編集権限に対して、投稿(カスタムポストタイプを含む)の項目と、メディア(画像など)の機能を表示させ、その他については非表示にする設定をしてみます。

WordPress管理画面のAdminimize設定のチェック

設定を確認するために、管理者権限からログアウトし、編集権限のアカウントでログインします。
左側のメニューが、更新に必要な投稿とメディアのみになっています。

WordPress管理画面の設定後

更新したい人がログインすると不要な項目は表示されず、必要な項目しか表示されないので次の操作を迷わず行え、操作ミスの恐れもなくなります。

これだけの設定で、更新したい人が必要としない項目を非表示にできます。
項目を非表示にすると、管理画面の見た目もスッキリして、項目数の多さに嫌悪感を抱かなくなると思います。
実際の案件で、項目数を減らした管理画面にすると、できることだけに絞り込まれたのでわかりやすくなったという感想もいただきました。

メリットとデメリット

このプラグインにもメリットだけではなく、もちろんデメリットもあります。
メリットとして、操作できる項目を制限するので、操作ミスや管理画面の設定項目の多さに疲れることもなく作業を行えます。
デメリットとして、更新する担当者の知識が、WordPressを知っている方から全く知らない方までの幅があると、知識のある方にとってはできることが減ってしまうので不都合を感じるかもしれません。
更新する人によって必要な項目が大きく違う場合は、どちらに合わせるかよく検討する必要があります。
しかし、アカウントを複数用意して権限を細かく分けていく方法で、更新者の知識レベル毎に管理画面の項目を切り替えられます。

次回は、ユーザー権限を細かく設定できる「User Role Editor」をご紹介したいと思います。

2017

JUL

04

2017.07.04

sawazakisawazaki

TRIADで利用しているWordPressプラグイン

弊社では、Wordpressでサイトを構築する際に、デザインの自由度を上げるためオリジナルのテーマを作成して構築します。
全てをフルスクラッチで制作すると、作業工数が多くなり費用も増えてしまうため、Wordpressの機能であるプラグインを利用しています。
今回は、弊社で利用しているプラグインを、備忘録の意味も含め紹介したいと思います。

TRIADで利用しているプラグイン

※それぞれのプラグインダウンロードページへのリンクになっています。

ただ、全てのプラグインを利用しているわけではなく、開発段階で便利だから利用していたり、環境を移動しなければならない時に利用したりと、臨機応変に切り替えています。
下記が理由になります。

避ける理由

  • 動作速度が遅くなる可能性がある
  • 競合が起きる可能性がある
  • セキュリティホールになる可能性がある
  • デザインの自由度が下がる可能性がある
  • プラグイン自体をカスタマイズする必要が発生する可能性がある

ユーザーに届けたいはずのコンテンツが、サイトのパフォーマンスが下がることで、ユーザーに届く前に離脱してしまう可能性もあります。
プラグインのメリット・デメリットを考慮して、適切な利用を進めながらサイトを構築します。

次回からは、それぞれのプラグインの利用方法について記事にしていきたいと思います。

2016

JUN

17

2016.06.17

nishimotonishimoto

ひとり登山部 四阿山

四阿山と根子岳を縦走。

二つ合わせるとなかなかヘビーな山でした。

最後は雨雲と追いかけっこ!

 

image image image

2016

JUN

07

2016.06.07

nishimotonishimoto

ひとり登山部 日向山より

久しぶりの投稿。随分間が空いてしまいました

白くて面白い山だと聞いていましたが、本当に白いんですねぇー

imageimage image

 

2015

DEC

02

2015.12.02

sawazakisawazaki

sancha

Alley by Kyosuke Sawazaki on 500px.com

2015

JUN

10

2015.06.10

sawazakisawazaki

Apple Watch 雑感(良い点)

image

Apple Watchを購入してから2ヶ月近く経ったので、簡単に雑感をまとめてみようと思う。

 

・iPhoneを取り出さずに通知を確認できる
通知機能は非常に便利で、メールを受信した時にさっと確認できて重要な要件かそうでないかの判断がしやすくなった。
これまでは、iPhoneを取り出して確認してしまうという動作が煩わしく思ってしまうほどだ。
大きいサイズのAppleWatchを使用しているからか、メールの内容を確認するにも画面が小さいとは思わず、メールの内容にも問題なく確認できているから尚更不便さを感じない。

 

image

・アクティビティ機能
活動量計が話題になっていた時に、NIKEのFuel Bandが気になっていたが、Apple Watchに同じ機能があるの買わずにいて良かった。
腕につけるだけで、自動で心拍数や立っている時間などを計測してくれるから特に操作をしなくても良いのが気軽で良い。
記録したデータは自動でiPhoneのアクティビティアプリに蓄積されるので、時間がある時にiPhoneでデータを確認できるから、自分がどの程度の活動しているかすぐにわかる。
1日の消費カロリーを設定するので、それを達成した時の満足感もApple Watchをつける楽しさの一つになっている。

 

image

・ワークアウト機能
アクティビティ機能と同じようだが、ランニングやサイクリングなどのスポーツに対して使える機能だ。
有名なブランドだと、GarminやSuntoなどのスポーツ関連のGPSを使ったりしている時計が競合になる。
Apple Watchについているのはオマケ程度かなと思ったら大間違いだった。
ワークアウトのサイクリングをオンにしてみると、サイクルコンピュータと遜色のない機能が使えた。
GPSを利用しているのか、速度も距離も表示された。
持っているGarmin Edge500のサイクルコンピュータと併用してみたところ、ほぼ誤差なく計測されていた。
簡易的なデータ記録であれば、サイクルコンピュータがなくてもApple Watchで十分だと思う。
心拍数の計測に、ハートレートモニターのバンドをしなくても、手首で心拍数を計測してくれるから手軽に計測できる。

 

使ってみて良かった点を挙げてみたが、次回は良くない点についてまとめてみようと思う。

2015

APR

30

2015.04.30

nishimotonishimoto

ひとり登山部 伊吹山

見事に晴れ渡った空の下、あまりの暑さに山頂に着くまでは曇ってていい、とワガママを言いつつ、ひたすら登ってきました。

image

山は良いですね!

 

2015

APR

24

2015.04.24

sawazakisawazaki

Apple Watch

image

さてさてどう使おうかな〜

2015

APR

10

2015.04.10

chibachiba

マンスリーウルトラヒーロー&怪獣1504

image

3 / 612345...»